米のWHO脱退に中国「アメリカのやり方は国際的なウイルスとの闘いの努力を損なう」「大国の義務と責任果たして」

米のWHO脱退に中国「大国の義務と責任果たして」

▼記事によると…

・アメリカがWHO(世界保健機関)からの脱退を正式に通知したことについて、中国政府は「ウイルスと闘う国際社会の努力を損なう」と批判しました。

・中国外務省・趙立堅副報道局長
「今、国際的な新型コロナとの闘いは重要な時期にある。アメリカのやり方は国際的なウイルスとの闘いの努力を損なう」

「アメリカが一国主義を進める実例の一つだ」

「特に発展途上国に重大なマイナスの影響をもたらす」

「アメリカが大国にふさわしい国際的な義務と責任を果たすよう促す」

2020年7月9日 6時51分
https://news.livedoor.com/article/detail/18543913/

趙立堅 プロフィール


趙 立堅は、中華人民共和国の外交官。2020年2月に中華人民共和国外交部報道局副局長に就任、報道官として記者会見を行う。
生年月日:1972年11月10日 (年齢 47歳)
趙立堅 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

発生拡大させた国が言うことか笑

状況に応じて都合よく先進国と発展途上国を使い分ける国が何言ってやがる、つーかそもそもの元凶が他人事かよ。

日本も続こう 日本の保険機関のが絶対優秀でしょ

ウイルスをばら蒔いといてよく言うわw

緊急特大ブーメラン17号「オマイウ」

実際これでWHOは中国が支配する状態になるから脱退は不味いのだ

ニュース読んでる人、よく笑わずに原稿読めたな

 FBページが変更になります。こちらから『いいね!』をお願いします。

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認