岸防衛相、核保有国が加わらない“核兵器禁止条約”の有効性に疑問

核兵器禁止条約 岸防衛相「核保有国が加わらず 有効性に疑問」

▼記事によると…

・核兵器の開発と保有、それに使用を禁じる核兵器禁止条約は50の国と地域の批准という要件を満たし、来年1月に発効することになりました。

岸防衛大臣は、訪問先の山口市で記者団に「核の保有国が加われないような条約で、有効性に疑問を感じざるをえない」と述べました。

そのうえで、「日本は唯一の被爆国であり、核兵器の廃絶に向け、リーダーシップを取らなければならない。核の保有国を含む国々が廃絶に向けた具体的な動きを示すことが大切で、国際社会が合意できるような環境を作っていかなくてはいけない」と述べました。

そして、記者団が「日本は条約に署名しないのか」と質問したのに対し、「国として判断していくことになる」と述べるにとどめました。

2020年10月25日 14時53分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201025/k10012680051000.html

岸信夫


岸 信夫は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員。防衛大臣、自由民主党山口県支部連合会会長、公益社団法人日本犬保存会会長。 参議院議員、衆議院外務委員長、外務副大臣、防衛大臣政務官、衆議院安全保障委員長などを歴任した。 実父は外務大臣・内閣官房長官を歴任した安倍晋太郎、生母は安倍洋子。
生年月日:1959年4月1日 (年齢 61歳)
岸信夫 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

それを有効化するのが貴方達国会議員の役割

GJ!条約批准が目的ではない、核保有国も含めた世界の平和秩序の構築が目的だ。

国としてのスタンスは核兵器反対でよいのですよね?与党の皆さん。だとしたら、有効性より、声をあげる行動こそが必要なんじゃないですか?

日本が加わらない理由になっていない。

では、なにか具体的な代替案があるのでしょうか?代替案なしでこの発言は無責任です。

核兵器禁止条約への参加は、国民投票で決めるべきです。

歯に衣着せぬ発言は好感が持てますね。その通りだと思えます。

FBページが新しくなりました
フォローをお願いします♪

2021年〜最新情報をお届けします。

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認