【不法】韓国・サムスン 李健煕会長(78)死去

サムスン電子の李健熙会長が死去 卓越した経営手腕

▼記事によると…

・韓国・サムスン電子を世界有数の企業に育てた同社会長の李健熙(イ・ゴンヒ)氏が25日、入院先のサムスンソウル病院で死去した。78歳だった。

李健熙氏はサムスングループの創業者、李秉チョル(イ・ビョンチョル)氏の三男。早稲田大商学部などで学んだ後、父の死去に伴い1987年12月にサムスングループの会長に就任した。

経営権を握った1990年代、付加価値の高い事業に集中するためにグループの主要事業を分離する作業に着手。93年にドイツで行った「新経営宣言」では「グローバル時代に合わせ変わらなければ永遠に二流だ。妻と子ども以外は全部変えよう」と述べ、常に変革を目指すサムスンのあり方を提示した。

・年齢を重ねるにつれ健康が悪化し、2014年5月には急性心筋梗塞(こうそく)で倒れ、意識を失った。これを機に経営の第一線から退いていた。

10/25(日) 10:24
https://news.yahoo.co.jp/articles/fe68501c41b505e0dbf3f7d803f4a95e0e7dad31

李健熙


李 健煕は、大韓民国の実業家。元サムスン電子の会長。 サムスングループを創業した李秉喆の三男。慶尚南道宜寧郡出身。血液型はAB型。 本貫は、慶州李氏。
生年月日:1942年1月9日 (年齢 78歳)
李健熙 - Wikipedia

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

まだ早いよ…こういうタイプは98とかまで生きててほしかった

お疲れ様でした。RIP

ご冥福をお祈りします

日本で報道する必要あるか?

関係ないけどご冥福はお祈りします

元気な時は、毎年、日本に3ケ月ぐらいいて情報収集していましたね。日本の技術や部品を使いながら、早い決断で、日本メーカーを出し抜いて成功したということですね。

ご冥福をお祈りします。

アンケート投票 & 結果確認

話題の記事を毎日更新


いいね!&フォローをお願いします

新着情報をお届けします