河野行政改革担当相「自分の足元が一番ブラックだった」職員の仕事増を反省 改善へ意欲

河野氏「自分の足元が一番ブラックだった」職員の仕事増を反省

▼記事によると…

・河野太郎行政改革担当相は17日の読売テレビ番組で、行革や規制改革の推進に伴い、自身の担当部署にいる職員の仕事量が増え「深く反省している」と述べた。国家公務員の長時間労働に触れ「ブラック化した霞が関をホワイト化すると号令を掛けたが、気が付いたら自分の足元が一番ブラックだった」と語った。

担当部署の業務改善を皮切りに、霞が関全体の長時間労働を是正していくと表明。

・具体的な改善策に取り組む考えを示した。

2020年10月17日 10時59分
https://news.livedoor.com/article/detail/19070912/

河野太郎


河野 太郎は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、行政改革・国家公務員制度担当大臣、内閣府特命担当大臣を務める。 外務大臣、防衛大臣、国家公安委員会委員長、内閣府特命担当大臣、自由民主党行政改革推進本部長、自由民主党幹事長代理、法務副大臣、総務大臣政務官 、衆議院決算行政監視委員長・外務委員長等を歴任した。
生年月日:1963年1月10日 (年齢 57歳)
河野太郎 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

やっぱ河野さんだわ

灯台モトクラシー

仕事で仕事を洗う

灯台下暗しやな

視野が広い。冷静。上司に欲しい。ついてく。

非正規雇用無くしたりしてほしいな

本当アピールが上手い

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認