慰安婦問題でラムザイヤー教授「研究者が英語で論文を書くべきだ」吉田虚偽証言と朝日報道の影響、英語発信の重要性を指摘

慰安婦問題でラムザイヤー教授 吉田虚偽証言と朝日報道の影響、英語発信の重要性を指摘

記事によると…

・戦時下で慰安婦だった女性は「性奴隷」ではなく、前借り金と労働期間をセットにした年季奉公契約を慰安所側と結んでいたことを学術論文で示した米ハーバード大のマーク・ラムザイヤー教授が9日までに、産経新聞の取材に応じた。ラムザイヤー氏は慰安婦が問題化した背景として、韓国で女性を強制連行したとの虚偽の証言をした吉田清治氏と吉田氏の主張を再三報じた朝日新聞の影響を指摘した。

ラムザイヤー氏は、民間シンクタンク「国家基本問題研究所」(櫻井よしこ理事長)が外国人による優れた日本研究を顕彰するため創設した「日本研究賞」の令和6年度受賞者に選ばれ、都内で11日に授賞式に臨む。

同氏は韓国や米国で迫害に等しい個人攻撃を受け続けたが、批判キャンペーンを展開した米国の日本史研究者らが、吉田氏の証言が作り話であった事実に触れないことを指摘し、「知らないのか、意図的に触れなかったのかは分からない」と述べた。慰安婦を巡る強制連行説や性奴隷説が今も世界で広がる現状を変えていく上で、「研究者が英語で(論文を)書くべきだ」との考えを示した。

(略)

2024/7/9 21:30
https://www.sankei.com/article/20240709-KVLLGPTA4JOPJB6MKPUCT7N6JQ/
『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

J・マーク・ラムザイヤー


ジョン・マーク・ラムザイヤーは、アメリカ合衆国の法学者。ハーバード・ロー・スクール教授。専門は日本法及び法と経済学。シカゴ生まれで宮崎県育ち。
出生地: アメリカ合衆国 イリノイ州 シカゴ
学歴: ミシガン大学、 ハーバード・ロー・スクール
全名: John Mark Ramseyer
学位: 1976年ゴーシェン大学(英語版)学士(歴史学); 1978年ミシガン大学修士(日本研究); 1982年ハーバード大学法務博士(法学)
研究分野: 会社法、法と経済学、日本法
研究機関: カリフォルニア大学ロサンゼルス校; シカゴ大学; ハーバード・ロー・スクール
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

真実の為、頑張ってください🇯🇵🇰🇷🇺🇲

本来なら朝日新聞が責任をもって慰安婦問題は虚偽だったと発信しなければならないだろうに、栞程度の小さな枠で訂正記事出しただけで、禊が済んだと思っているようで本当に度し難い。

今なら簡単に英文化出来るんじゃない?

素晴らしい!

朝日は英語版でも慰安婦は捏造だと報じろ。

朝日新聞は報道しませんか?

これ日本は何もしてないの?何で?こんなん政府主導で英訳、仏訳、独訳、各中国訳とかしなきゃ駄目でしょ?何でしないの?

\\SNSで記事をシェア//

X(旧Twitter)でシェアニュースを