死んだペットに「再会」できる!?急成長する中国のクローンペットビジネス

死んだペットに「再会」できる!?急成長する中国のクローンペットビジネス

記事によると…

・「死んだペットに『再会』できる」として、中国でクローンペットビジネスが急成長。一体どんなものなのか、取材しました。

白い毛並みが特徴のメスのシュナウザー。飼い主の王さんに抱っこされるのが好きだといいます。

実はこの犬、5年前に死んだ王さんのペットのクローンなのです。

(略)

7/9(火) 16:47
https://news.yahoo.co.jp/articles/f14d50f65fa07f1db3cab7c191698cad19e68e42

クローン


クローンは、同一の起源を持ち、なおかつ均一な遺伝情報を持つ核酸、細胞、個体の集団。もとはギリシア語で植物の小枝の集まりを意味するκλών klōn から。1903年、ハーバート・ウェッバーが、栄養生殖によって増殖した個体集団を指す生物学用語として“clone” という語を考案した。本来の意味は挿し木である。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

こわいですね…

クローンペットの話、驚きました。ペットとの再会ができるなんて、技術の進歩はすごいですね。でも、倫理的な問題も考えさせられますね。

すごい時代になった😨

気持ち分かるけど〜〜 ビジネスにしちゃうの

既に人体実験もしてそうな国

ちょっと怖いかも😰

昔シュワちゃんの映画でそんな映画有ったような気がするな

\\SNSで記事をシェア//

X(旧Twitter)でシェアニュースを