大手企業「大卒より工業高卒の方が欲しい」… 求人社数、直近10年で3倍に増加

「工業高卒」を奪い合う建設業界。求人倍率は大学生に比べ約10倍

記事によると…

・高校卒と大学卒の学生。いま、どちらが採用市場で「引く手あまた」なのかご存じだろうか。

答えは高校卒の学生だ。かつ「工業高校の学生」は圧倒的な人気がある。

「求人倍率=一人の学生に何社が求人を出しているか」を指標に考える。厚生労働省発表の2024年3月卒業の中学、高校卒業生徒に関する求人倍率は3.5倍。対して調査は異なるがリクルートワークス研究所調べの大卒求人倍率は1.7倍(※1)だ。

一方で、また別の調査にはなるが工業高校卒業生(全学科)の求人倍率は、2022年統計では過去最高の17.2倍(※2)。

つまり、いま工業高校卒業生を採用するのは大卒の10倍難しいとも言える。

時間外労働に関する法的制限が強化される「2024年問題」もあり、全国の建設会社から「若手人材が採れない」「人手不足で売り上げが立たない」という声が上がっている。

今回の寄稿では、工業高校の実態から建設業の人手不足、特に若手人材の採用を考えたい。

・筆者は首都圏の2つの工業高校建設科の進路指導の先生に話を伺う機会があった。工業高校の求人・就職の現状について、先生たちの話をまとめると次のような実態だった。

●求人社数は直近10年で3倍に増加、リーマンショック時の2008年と比較すると5倍

●就職希望の学生1人に企業求人は10〜15社

●1割以上の学生が東証プライム上場企業もしくはそのグループ企業に就職

●「高校卒で大手に入社したら大学院卒の同僚と働くことになった」卒業生もいる

Jun. 17, 2024, 08:10 AM
https://www.businessinsider.jp/post-288539

高等技術試験課程


工業高等学校または工科高等学校とは、主に工業や産業についての専門技術や知識を習得することを目的とする高等学校。ISCEDではレベル3Cに位置づけられる。狭義には「工業に関する学科」を中心に学科が構成されている専門高等学校を指し、広義には「工業に関する学科」や「工業の課程」を設置する高等学校全般を指す
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

手に職が一番、なんもしらん大学生よりしっかり働く。

下手に文系大卒雇っても今の時代使えない奴が多過ぎるからねぇ。。。

高校に採用だしている企業は本当に多くて工業高校卒だと専門知識もあり教育が楽なんだそう

若さと素直さがありますからね😉👍

そりゃそうだろうな。

即戦力であることにやっとで気づいたか。。。

あー仕事辞めてぇ。毎日残業クソだりぃー

\\SNSで記事をシェア//

X(旧Twitter)でシェアニュースを