一色正春氏「自国の領域が侵略されているにも関わらず、報道しないメディアって存在意義があるの?」

一色正春さんのツイート

自国の領域が侵略されているにも関わらず、報道しないメディアって存在意義があるのでしょうか

少なくとも国民の知る権利に応えているとは思えません

一色正春


一色 正春は、日本の内部告発者、元海上保安官。尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件において、「sengoku38」名で映像を動画共有サービス・YouTubeへ最初に投稿した。国立富山商船高等専門学校卒業、放送大学教養学部卒業、学士。
生年月日:1967年1月3日 (年齢 53歳)
一色正春 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

報道機関が日本国民でないことの証明だと思います。

メディアも企業、報道しない方が儲かるんでしょうねw

ない。

チャイナマネーに侵略されてるんだろうなぁ

電波オークションで地上波が変われば良いけど。

あるのは。ぞんざい異議だけ。。

少なくとも、今のメディアは無くても困らないですね。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認