中国への否定的な見方が増加… 中国紙編集長「米国政府のせい。中国が何か間違ったことをしたのか」

中国への否定的な見方が増加、「中国が何か間違ったことをしたのか」と中国紙編集長

▼記事によると…

・2020年10月8日、米華字メディア・多維新聞は、日本や欧米諸国で中国に対するネガティブな評価が急速に高まっていることに対する、中国紙編集長の意見を報じた。
記事は、米世論調査機関のピュー・リサーチ・センターが6月から8月にかけて14カ国で実施した調査で、いずれの国でも中国に否定的な見方をする人の割合が過半数に上り、日本、スウェーデン、オーストラリアは80%以上、最低だったイタリアでも62%に達したことを紹介した。

その上で、中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報の胡錫進(フー・シージン)編集長が微博上で「これは米国政府が極端なやり方によって世界を分断、分裂させた結果だ。中国は何か間違ったことをしたのか、戦争を仕掛けたり他国の内政に干渉したりしたとでもいうのか。そんなことはしていない。われわれは誠実に、そして努力して自らを発展させ続け、世界との友好を進めてきた。それにもかかわらず、西側の政治、世論のエリートたちは中国を攻撃し、西側市民の中国に対する認識を毒化させていったのだ」と論じたことを伝えている。

2020/10/08 14:50
https://news.nicovideo.jp/watch/nw8252509

中華人民共和国


中国は広大な草原、砂漠、山、湖、川、14,000 km を超える海岸線を擁する人口の多い東アジアの国です。首都の北京は、複数の建物からなる紫禁城や、天安門広場などの史跡が近代建築と融合した街です。超高層ビルが林立する上海は、国際的な金融センターです。中国北部には、有名な城壁である万里の長城が東西に長く伸びています。
中華人民共和国 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

間違った事しまくりにしか見えないのですが…(・ω・`)

『謝ったら負け』という民族ですから、救いようがありません。己の非を認めずに進歩はありえません。

返す返すも悔やまれるのは天安門の時に叩いておけばよかった

まさに”中華“思想ですね。

悪いことをしているという認識が無いのでしょうね。

うーん なんとかは、死ななきゃ治りませんからね

日本もちょっとだけ見習ってほしい この厚かましさを

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします♪

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認