【毎年恒例】村上春樹氏、ノーベル文学賞受賞ならず

村上春樹氏受賞ならず「楽しみ1年延びた」母校校長

▼記事によると…

・ノーベル文学賞が8日、スウェーデン・ストックホルムで発表され、作家の村上春樹氏(71)の受賞は今年もならなかった。

母校の兵庫・西宮市立香櫨園小学校では同級生や地域住民らが集まり、吉報を待ったが、ガックリ肩を落とした。

元クラスメートの男性は「もう外れて何年? はよとってもらわないと困るわ」と話しながら見守ったが、受賞とならず「残念だ。早くとってほしい。いつまでもね…」と悔し涙を流した。

2020年10月8日21時37分
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202010080000871.html

村上春樹


村上 春樹は、日本の小説家、文学翻訳家。 京都府京都市伏見区に生まれ、兵庫県西宮市・芦屋市に育つ。早稲田大学在学中にジャズ喫茶を開く。1979年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。
生年月日:1949年1月12日 (年齢 71歳)
村上春樹 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

毎年恒例だけど、これから先もないと確信しています。

いいんじゃないっすか。受賞のために書いとるわけでもあるまい

とったら、お祝いしてあげましょう。取るまでは、そっとしてあげましょう。

最近、観る度に、誰?って思う。顔が変わって来た(;^_^A

むしろ受賞したら村上春樹が完成してしまう

毎年恒例w来年は受賞してから報道してねw

毎年恒例(笑)

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認