【学術会議】加藤官房長官が人件費示す 会員手当約4500万円

学術会議の会員手当約4500万円 加藤官房長官が人件費示す

▼記事によると…

・加藤勝信官房長官は6日の記者会見で、毎年約10億円が計上されている日本学術会議の予算のうち、人件費として支払われた金額を示した。加藤氏は令和元年度決算ベースと断った上で、会員手当として総額約4500万円、同会議の事務局の常勤職員50人に、人件費として約3億9千万円支払ったと説明した。「それ以外に旅費などが乗ってくる」とも述べた。

2020.10.6 13:39
https://www.sankei.com/politics/news/201006/plt2010060012-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

加藤勝信


加藤 勝信は、日本の政治家、大蔵官僚。旧姓:室崎。自由民主党所属の衆議院議員、内閣官房長官。
生年月日:1955年11月22日 (年齢 64歳)
加藤勝信 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

自分たちの金の問題はうやむやにするくせに、他人事になると嬉々としておしゃべりするのね

常勤職員の給与の良さに比べたら、、、 官僚様や議員様の給与をごく一般的な年収と見比べて考え直して欲しいなぁ

無くなった方が、政権助かりますねー

解体解体

このまま廃止へ一直線

なるほどこれは手放したくないわけよねー

民間になって勝手にやればいい 菅さん、頑張って

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします♪

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認