【日本学術会議】山尾議員「この任命拒否には違法の疑いがあり、おそらく菅政権は説明責任を果たすことに失敗する」

山尾志桜里議員のツイート

①日本学術会議が推薦した学者のうち6名が内閣により任命拒否された。この任命拒否には違法の疑いがあり、その疑いを晴らすための説明責任のハードルは相当高く、おそらく菅政権は説明責任を果たすことに失敗する。

重要な臨時国会の場をこの失敗のプロセスに浪費すべきではない。

#日本学術会議

山尾志桜里


山尾 志桜里は、日本の政治家、元検察官。国民民主党所属の衆議院議員。民進党政務調査会長、民進党国民運動局長を務めた。出生時の姓は菅野。2018年の離婚時に山尾から菅野に復氏した。
生年月日:1974年7月24日 (年齢 46歳)
山尾志桜里 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

今までの貴女の努力がコレで台無しに

不適切とみなされたのはスパイだと思ってますよ。そういう場合、説明するの難しくないですか?しなくていいと思います。

政府と野党どちらが正しいか。解散総選挙で決めればいい。国会休転するなら解散で。

国民民主がリベラルを叫ぶならば、学術会議が国のために機能せず、単なる既得権益にすがる古き悪しき団体であることを問題にすべきでしょう。これでは改革派保守層の受け皿にはなれない。立ち位置をよく考えないと特定野党に埋没します。支持者が増えるはずがない。

どのように違法なのかの説明を。

先生残念です。

政府は、本当のことをはっきり説明したらいいと思うよ。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認