【習主席国賓来日】公明・山口代表「大局的観点で推進すべきだ」「来日が実現できるような環境を」

習主席国賓来日「大局的観点で推進すべきだ」 公明・山口代表

▼記事によると…

・公明党の山口那津男代表は7日、中国による香港への統制強化が進む中で、習近平国家主席の国賓来日の中止を求める意見が自民党内で出ていることに対し、予定通り来日準備を進めるべきとの考えを示した。

「歴史的、大局的な観点で(来日を)推進していくべきだ」と述べた。

山口氏は、国賓来日は「(日中の)首脳の往来を重ねて関係を強化していこうという流れの一環だ」と指摘。

両国とも新型コロナウイルス対策にあたっている現状を踏まえ「具体的日程を調整できる状況にはない」としながらも、「来日が実現できるような環境を両国ともに努力し、前進を図るべきだ」と述べた。

2020.7.7 13:37
https://www.sankei.com/politics/news/200707/plt2007070020-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

山口那津男 プロフィール


山口 那津男は、日本の政治家、弁護士。公明党所属の参議院議員、公明党代表。 衆議院議員、防衛政務次官、新進党副幹事長、公明党参議院国会対策委員長、公明党政務調査会長などを歴任した。
生年月日:1952年7月12日 (年齢 67歳)
山口那津男 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

総理の言葉が聞きたいわ。マジで

自由や人権、民主主義の否定ですか。

人権弾圧、拡張路線が問題ないとは言わない。しかし、経済で死ぬかも知れない人を慮るならば中国との国交は切ることは出来ない。

天皇陛下を政治利用させることに反対します。

中国共産党がウイグル・チベットの独立を認めて、さらに香港を1国2制度に戻すくらいはしないと国賓待遇は不可能でしょう。

大局的観点で判断すると、国賓での来日に反対せざるを得ない。

そもそも国賓なら国民投票で賛否を問うべきじゃないか?

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事