菅直人氏「次回総選挙で自民党女性候補者比率が20%を超えない場合、女性を中心に自民党へ投票しない運動を起こすべき!」

菅直人さんのツイート

3年前の総選挙での女性候補者の比率は、立憲民主党、希望の党、共産党が20%を超えたのに対し、なんと自民党は332人の候補者中女性候補はわずか25人で7.5%。

次回総選挙で自民党女性候補者比率が20%を超えない場合、女性を中心に自民党へ投票しない運動を起こすべきだと思う。ご意見をお待ちします。

菅直人


菅 直人は、日本の政治家、弁理士。 立憲民主党所属の衆議院議員、国のかたち研究会設立者、会長。厚生大臣、副総理、財務大臣、内閣府特命担当大臣、内閣総理大臣、旧民主党代表、民主党代表、民主党政策調査会長、民主党幹事長、民主党代表代行、旧立憲民主党最高顧問などを歴任した。
生年月日:1946年10月10日 (年齢 73歳)
菅直人 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

あいかわらず政策以外の小手先戦略で何とかなると思ってて安心した。総選挙で立民が100名残れるか楽しみにしてます。

いやー、悪夢の民主党政権がたった3年で終わって良かったですね。長く居座られると、中国の毛沢東の時のように国家が数十年停滞しますから。まああなた方、立憲民主党のように中国を尊敬してる皆さんならばそれがいいとお考えなのでしょうが。

頭数だけいてりゃ良いってもんじゃないわよね

代表の前に出ることは控え身に・・

母数がどんだけ違うとおもとんねん

別に誰が議員になっていいと思いますよ。国民に選ばれれば。逆に立憲民主党は男性比率7.5%を目指しては?

優秀な方なら性別に関係なく候補者になるべきです。

\FBページが新しくなりました/

1日1クリックのご支援をお願いします!
↓↓↓

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認