違法集会を扇動したとして起訴された周庭さん「収監される心の準備している」「政権による弾圧を阻止することができない」

周庭氏「収監の心の準備ある」 香港公判で

▼記事によると…

・昨年6月、香港の警察本部前で違法集会を扇動したなどとして起訴された民主活動家、周庭(アグネス・チョウ)氏らに対する公判が6日、香港の裁判所で行われ、周氏は起訴内容を認めた。

8月に判決が出る予定。

周氏は報道陣に「収監される心の準備もしている」とした上で、香港国家安全維持法について、「政権による弾圧を阻止することができない」などと懸念を表明した。

2020.7.6 23:08
https://www.sankei.com/world/news/200706/wor2007060026-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

周庭 プロフィール


周 庭は、香港の政治運動家。民主派政党・香港衆志の創始者の一人として常務委員などを務めた。自決派、大学生。香港では「学民の女神」と呼ばれる。 2017年までイギリス国籍を保有した。両親が彼女の幼少期に申請したためであるが、イギリス本土に居住したことはなかった。同年香港特別行政区立法会地方選挙に立候補するため放棄した。
生年月日:1996年12月3日 (年齢 23歳)
周庭 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

イギリスに、逃げて下さい❗

「収監の心の準備ある」・・自由を訴えた罪なんてあり得ません。

力なき正義は無能なり………「遺憾だ」なんて百万回言っても、女性一人も助けられない。

理不尽だな。何も悪いことしてないのに

我が国日本は民主主義国家と謳いながら媚中に染まり、正しい行動をする人間が日本へ助けを求めても誰一人として守る事すら出来ない。そして、未だ習近平を国賓として呼ぶ議論を繰り返す始末。ましてや自国の拉致問題すら解決出来ない国、情けない

日本政府は米国をはじめ各国と連携して人権侵害による収監を辞めさせるべき

国連は何してるねん‼️

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認