東洋経済「山口達也への強烈すぎる批判が本質ではない訳」

東洋経済オンラインのツイート

【山口達也への強烈すぎる批判が本質ではない訳】

「元TOKIOの山口達也さんが酒気帯び運転で現行犯逮捕」という報道が大きな波紋を呼んでいます。

山口さんに対する必要以上に強烈な批判は、声を挙げている人にとっても得策ではない理由と背景があります。

山口達也


山口 達也は、日本の元タレント、元男性アイドル。活動中はジャニーズ事務所に所属し、2018年5月まで同事務所のグループ・TOKIOに在籍してマルチタレントとして幅広く活動していたが、酒により芸能界を事実上引退した。埼玉県草加市出身。身長167cm。血液型O型。
生年月日:1972年1月10日 (年齢 48歳)
山口達也 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

そっとしといてやれって まだ叩いてんのかーもっと大事なことを国民の皆さんに伝えてくれよー 笑顔になれる日が来たらいいですなぁ。山口くんも

自分もそー思いますよ。だって、引退しているんだから一般人でしょ? 一般人が飲酒運転してこんな扱われ方したら、それこそ人権問題では? ここは、冷静に見守ることが得策ではないでしょうか?

正直相手が警視庁の方だと聞いて運命だったんだろうと思ってしまった。人生やり直す為に、、捕まって良かったと思いました。

ハーレーに乗って家賃8万円が、慎ましい生活費とか言っていたの聞いてその方が驚いた。

達也!TOKIO復活待ってるぜ!もう帰ってこい!

かわいそうになってきた

これより池袋の方が気になる