韓国紙「義理を重視する菅首相、なぜ韓国に冷たいのか」

[記者手帳]義理を重視する菅首相、なぜ韓国に冷たいのか

▼記事によると…

・「45年前、地縁も血縁もないこの横浜で、政治の世界に飛び込んでたどり着いたのが、小此木先生の事務所でした」

「敬老の日」の21日を迎え、日本の菅義偉首相が訪問した所は、彼の恩人である小此木彦三郎元建設相の墓所だった。菅首相は1975年、小此木元大臣の秘書として11年働いた後、横浜市議会議員を経て、1996年に衆議院進出を果たすことができた。これまでの年月に対する感慨が格別に感じられたのか、緻密で冷たい「仕事の虫」として知られる菅首相にしては珍しく、この日は声が湿っていた。彼は記者団の前で「国民のために『働く内閣』として期待に応えられるよう、頑張りたい」と述べた。

(略)

2020-09-23 07:11
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/37837.html

菅義偉


菅 義偉は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、内閣総理大臣、自由民主党総裁。 横浜市会議員、総務副大臣、総務大臣、内閣府特命担当大臣、郵政民営化担当大臣、自由民主党幹事長代行、内閣官房長官、沖縄基地負担軽減担当大臣、拉致問題担当大臣などを歴任した。
生年月日:1948年12月6日 (年齢 71歳)
菅義偉 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

義理を重視するから尚更じゃねぇの

答え出てんじゃん(´・ω・`)

相手にする価値がないから

どういう義理があんの?ないよね。なぜ?って思うなら自分らのやったことを思い出せ。ついでにNoJapanも思い出せ。

恩を仇で返す相手にどうして義理など立てる必要があるのだろう?

文字通り義理がないからでしょ

自ら答えを出しているではないか

 FBページが変更になります。こちらから『いいね!』をお願いします。

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認