行政書士「自衛隊には『ミスは許す、嘘は許さない』という教えがあるそう…現実的な考え方」→ネット『教官による』『陸自にいたが 教えられた事は無い』

行政書士冨楽(ふらく)事務所さんのツイート

自衛隊には「ミスは許す、嘘は許さない」という教えがあるそうです。

ミスに対して厳しく対応しすぎると、ミスを隠すようになるので、ある程度は許容しないといけないそうです。

しかし、嘘の情報に基づいて作戦を立てると作戦は必ず失敗するので、嘘は絶対に許さないそうです。

現実的な考え方です。

自衛隊


自衛隊は、自衛隊法に基づき、日本の平和と独立を守り、国の安全を保つために設置された部隊および機関。 事実上の軍事組織であり、国際法上は軍隊として扱われる。陸上自衛隊・海上自衛隊・航空自衛隊の3部隊から構成され、最高指揮官たる内閣総理大臣および隊務統括を担う防衛大臣による文民統制の下、防衛省によって管理される。
自衛隊 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

多分教育隊の教官によって変わると思います。あとはどの教育隊にもよります。少なくとも教育隊ではなく部隊でもそういう空気は自分がいた時にはなかったですね、人によるが全てでした。レンジャー課程ではひとつのミスで全てが終わるのでミスは許されませんでしたね。

ほんとにそうならいいんですけどね…… ミスにも厳しいんじゃないかなあ……。

「ミスは許す、嘘は許さない」そんな教え自衛隊では経験してないけど…(笑)

もっとおもしろい教えがあります 健康状態は異常があっても異常なしと報告しろです

ミスに対しても厳しかったですよ。 下っぱの階級に対しては特に

コンプライアンス遵守の結果はこれですね。どこの業界、企業もこうしてほしい。

陸上自衛隊にいましたが 教えられた事は無かったです… 今は昔で関係ないですがここで教わるとは

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認