武漢研究所で新型コロナ類似ウイルスを2013年に確認か 英紙報道

2013年に類似ウイルス確認か 中国・武漢研究所、死者は未公表

▼記事によると…

・5日付の英紙が、中国・武漢市の中国科学院武漢ウイルス研究所について報道

・新型コロナウイルスに非常に似たウイルスを、2013年に確認していたという

・このウイルスが原因とみられる症状で死者も出たそう

2020年7月6日 21時13分
https://rd.kyodo-d.info/np/2020070601002645

2019新型コロナウイルス


2019新型コロナウイルス(正式名称: severe acute respiratory syndrome coronavirus 2; 略称: SARS-CoV-2、日本語訳: 重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の原因となるSARS関連コロナウイルス(SARSr-CoV)に属するコロナウイルスである。日本の国家機関や主要な報道機関は「新型コロナウイルス」と呼んでおり、「新型コロナ」と省略される場合もある。2019年に中国湖北省武漢市付近で発生が初めて確認され[9]、その後、COVID-19の世界的流行(パンデミック)を引き起こしている。
2019新型コロナウイルス - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

それなのに僕達は普通に生活してましたよ。なのにおかしいですよね。

結局中国が原因で中国に責任があるということ。

ほんと、バッタにボコボコにされてほしいわ

この類似ウイルスと今回のコロナが同じなら7年も前に既に存在してたってことか

今それどころじゃないから

アメリカが言ってたことを裏付けそうやな

だとしたらとっくにワクチン生産してるんじゃ…!?

FBページが新しくなりました
フォローをお願いします♪

2021年〜最新情報をお届けします。

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事