文科省職員100人超、副大臣らを深夜出迎え… → 職員から「非常識」との声

文科省職員100人超、副大臣らを深夜出迎え「非常識」

▼記事によると…

・内閣改造に伴う文部科学省の新しい副大臣と大臣政務官計4人の初登庁が18日夜、省内であり、職員ら100人以上が待機して出迎えた。

その後の記者会見は日付をまたいで行われ、職員は未明まで対応した。

省内では9月までを「働き方改革推進強化月間」としており、職員からは「非常識」との声が上がった。

2020年9月19日 11時40分
https://www.asahi.com/articles/ASN9M34BXN9LUTIL05N.html
>>『朝日新聞』のご購読お申し込みはこちら

文部科学省


文部科学省は、日本の行政機関のひとつ。教育、学術、スポーツ、文化および科学技術の振興、宗教事務等を所管する。日本語略称は、文科省。 中央合同庁舎第7号館東館に所在している。2004年1月から2008年1月までの期間、新庁舎への建替え・移転のため丸の内の旧三菱重工ビルを「文部科学省ビル」と改称して仮庁舎としていた
文部科学省 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

無駄なことをやってますね.

変なことしてるね。大臣に仕える?大臣に奉仕?大臣に顔を覚えてもらう?参加名簿でも作られて、出世に影響?想像してしまう

変更しよううお

「働き方改革」をしたいなら、こんなくだらない慣習をさっさと打破すべき!自民党支持派だが、こんな意味のないことはやめてほしい。

居残りしてた分しっかり残業代としてもらえるのかな?

行革担当が言ってたのこれやぞ。まあ、文科省の役人は悪くない。

バカバカしい。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認