【携帯料金下げ】武田総務相「100%やる。1割程度では改革にならない」

携帯料金下げ「1割程度では改革にならない」 総務相

▼記事によると…

・菅義偉首相は18日、武田良太総務相と首相官邸で会い、携帯電話料金の引き下げについて結論を出すよう指示した。

・武田氏
「百パーセントやる。できるできないではなく、やるかやらないかの話だ」

「1割程度では改革にならない。海外では健全な競争原理を導入し、7割ほど下げた国もある」

2020/9/18 12:25
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64008940Y0A910C2000000/
>>『日本経済新聞』のご購読お申し込みはこちら

武田良太


武田 良太は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、総務大臣。 自由民主党幹事長特別補佐兼副幹事長、防衛副大臣、衆議院安全保障委員長、防衛大臣政務官、国家公安委員会委員長 、行政改革担当大臣、国家公務員制度担当大臣、国土強靭化担当大臣、内閣府特命担当大臣を務めた。
生年月日:1968年4月1日 (年齢 52歳)
武田良太 - Wikipedia

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

いびつな料金設定を見直しするべきだろう。学割、家族割、年数割などサービス過多で複雑になりすぎてる。単純な価格表記にするべきだな。

一緒にNHKも改革してね

大手キャリアはこれまで美味しい思いばかりをしてきたのでしょうから、ドンドン改革を進めてほしいですね。

料金は下げなくていいけど、通信ギカをもっと上げてくれるといいな。

携帯の前にNHK料金高過ぎ!

その分経営陣は人件費削ってメンテナンス費用等も削るだろうから、サービス品質の低下は免れないだろう。

株価…どこへゆく

\\SNSで記事をシェア//

X(旧Twitter)でシェアニュースを


 アンケート投票 & 結果確認