世田谷区がDV被害女性の情報を加害者の夫に送るミス… 女性からの問い合わせで発覚

DV被害女性の情報を加害者の夫に送る 東京 世田谷区

▼記事によると…

・3年前に夫からDVの被害を受けて区に相談を続けていた女性が、別の自治体に引っ越したあと、世田谷区が女性の国民健康保険の脱退手続きを行っていたところ、誤って医療費の返還を求める通知を加害者の夫の住所に送ってしまったという。

・女性のもとに夫から連絡が来たことから、女性が区に問い合わせて情報漏えいが発覚。女性は住所が特定されるのを恐れて再び引っ越した。

・世田谷区は、通知を担当した部署が女性の状況を把握しておらず、確認も不十分だったとして女性に謝罪したという。

・今月は、目黒区でも同様の事案が明らかになっている。

2020年9月18日 14時25分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200918/k10012624711000.html

DV


ドメスティック・バイオレンス(英: domestic violence、略称:DV)とは、「家庭内での暴力や攻撃的行動」(家庭内暴力)という意味の表現である。「domestic」とは「家庭の」という意味であり、典型的には、夫婦間やパートナー間の暴力である。
ドメスティック・バイオレンス - Wikipedia

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

警察との連携がなっていない。

役所って無知すぎる.

本気で類似被害をなくすには、本人任せにせずチェック機能が間違いなく働くようにする業務形態の見直しが欠かせないと思います。

情報共有が出来ていないデジタル化の遅れによる弊害!

再発防止はもちろんですけど、再度の引越しにかかる費用くらいは区の方で負担してほしい。

よく、こういう話は聞きますね。

まぁ1番の悪は漏洩した人じゃなくて夫だけどな

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。