兵庫の県立高校、新入生にタブレット端末の自費購入求める… 県教委「文房具と一緒」

兵庫の県立高校 新入生はタブレット端末を自費購入へ 県教委「文房具と同じ」

▼記事によると…

・兵庫県教育委員会は2022年度から、県立高校(特別支援学校を含む)の新入生にタブレット端末を原則として自費で購入するよう求めることを決めた。

コロナ禍により義務教育でオンライン授業などが進み、高校でも継続させるため。

20年度中に小中学校では国の補助金などで「1人1台」が実現するが、高校については国の方針が示されず、補助金もない。

・購入費として7万円を借りられる奨学金制度も20年度に新設された。

・県教委の担当者
「タブレット端末は文房具と一緒で、各自で所有・活用する物になっている。高校でもICT教育を続けたい」

2020年9月17日 18時01分
https://mainichi.jp/articles/20200917/k00/00m/040/214000c
>>『毎日新聞』のご購読お申し込みはこちら

タブレット


コンピュータにおけるタブレット、あるいはスレートPCとは、板状のオールインワン・コンピュータやコンピュータ周辺機器に与えられるカテゴリー名称である。
タブレット (コンピュータ) - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

買えない人たちは、どうするのだろう。

まぁ義務教育じゃないから仕方ないでしょう。

これも「#自助・共助・公助」の「#自助」ですか?

貸与でなく家でも使えるならいいんじゃなかろか。

文房具って千円を超えるのもなかなかないのに数万円するのはいかがなものか?

スマホはあっても、タブレットまでは無い家庭が多いのでは? 借金の強要?

タブレットを「文房具」扱いできる人達に、経済的に恵まれない人の事は分からないでしょうね。

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします♪

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認