朝日新聞『布マスクの「漏れ率」100% すきまからウイルス侵入』

布マスクの「漏れ率」100% すきまからウイルス侵入

▼記事によると…

・布マスクは空気中のウイルスをどこまで防げるのか。聖路加国際大学の大西一成准教授(環境疫学)が布マスクと顔面のすきまなどから出入りする空気中の粒子の「漏れ率」を調べたところ、100%だったことがわかった。フィルターの性能試験を通った不織布マスクも、着け方が悪いと100%だったが、正しく着けると約50%まで下がった。「マスクは選び方と着け方が大事」という。

(略)

2020年7月6日 16時00分(有料記事)
https://www.asahi.com/articles/ASN7430PVN72UBQU00B.html?ref=tw_asahi
>>『朝日新聞』のご購読お申し込みはこちら

アベノマスク


アベノマスクは、新型コロナウイルス感染症の流行の影響によって2020年2月以降に日本国内で発生しているマスク不足を解消することを目的に安倍内閣が実施した、全世帯にガーゼ製の布マスクを2枚ずつ配布するという緊急対応策に対する俗称である。配布される布マスク自体のことを指す場合もある。
アベノマスク - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

アベノマスク意味なし。

すきまからなら布マスクだけでないよ

ウイルスではなく飛沫を防ぐためだとあれほど

つまり、何億円ドブに捨てたんだ。

マスクは自分がウイルスを吸い込まないためではなくて、飛沫をばらまかないことが主目的では。

アベノマスクは平たいからフィット性は特にダメだろうな

他人にうつさない為にマスクしてるって、大部分の人は認識しているのでは?

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認