町山智浩氏(2004年)「天安門広場での死者はなかった。死傷者が出たのは天安門広場の外」

天安門広場での死者はなかった

▼記事によると…

・天安門事件を覚えているだろうか。1989年、北京の天安門広場に集まった民主化を求める学生たちを人民解放軍が虐殺した、とされる事件だ。

「とされる」としたのはウソだからだ。当時、現場に最後まで残った朝日新聞の記者と、スペインの国営TV局の記者が後に「学生たちは安全に広場から退去し、一人の死傷者も出なかった」と証拠のビデオを提出し、世界のマスコミは天安門広場の虐殺は誤報だったと撤回修正した(死傷者が出たのは広場の外である)。

詳しい資料です。
http://sng.edhs.ynu.ac.jp/lab/murata/murata-tian'anmen2.html(※リンク切れ)

これも追加。この記事がとてもわかりやすいのでぜひ読んでください。
http://gregoryclark.net/jt/page42/page42.html

ここが重要なので繰り返す。

天安門[広場内]では一人の負傷者も出ていない。

NHK、朝日新聞その他、世界のマスコミは後に誤りを認めた。

「天安門広場で虐殺はなかった」

2004-03-13
https://tomomachi.hatenadiary.org/entry/20040313

町山智浩


町山 智浩は、アメリカ合衆国在住の編集者、映画評論家、コラムニスト。ガース柳下との対談コンビ「ファビュラス・バーカー・ボーイズ」ではウェイン町山を名乗る。 株式会社スタジオ・ハード、株式会社ジェー・アイ・シー・シー、株式会社宝島社での勤務を経て、株式会社洋泉社に出向したのち、フリーとなる。
生年月日:1962年7月5日 (年齢 58歳)
町山智浩 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

安倍総理の退陣でアベガーができなくなってきたから、多方面で暴れまくってる印象だな……

長安街通りでは死者はでたけど天安門広場で死者はなかったからノーカン、ということでしょうかね。中国の手先と化した腐りきった映画評論家もどきの屁理屈だと思うのですが。

それなら天安門広場外事件に改名するべきだ、で良くないか。あたかも中共に殺されてた人がいないみたいな印象操作をしないで欲しい。

たとえ広場の外だったとしても、共産党が国民に対して武力を使ったということが、そもそもの問題。

どちらにしろ軍を投入した武力弾圧があって尊い犠牲が出たのは間違いないので...

あっちの国で薬物依存症っぽくなってますからね。もう実社会と空想社会の区別が出来なくなっているんだと思います。

中国共産党側の人の屁理屈でしかないが。事件が起きた事が一番の重大事項。

FBページが新しくなりました
フォローをお願いします♪

2021年〜最新情報をお届けします。

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認