【話題】『モンゴル語が禁止になったため校長が自殺した。子供たちが泣いている…』

アーロン大塚さんのツイート

モンゴル語が禁止になったため校長が自殺した。

子供たちが泣いている。

動画を見る

校长自杀了!母语要被取消了!孩子们都在哭!比都德《最后的一课》 还要惨!

Googleによる中国語からの翻訳
校長が自殺!母国語がキャンセルされようとしています!子供たちは泣いています!デュードの「最後のレッスン」よりも悪い!

モンゴル


モンゴルは中国とロシアに隣接する国で、岩の多い広大な大地と遊牧民文化で知られています。首都ウランバートルは、有名な 13~14 世紀のモンゴル帝国創健者チンギス・カンの名を取ったチンギス・カン広場を中心とする都市で、歴史的および民族学的な品々を展示するモンゴル国立博物館や、再建された 1830 年のガンダン テクツェンリン寺があります。
モンゴル - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

チベット、ウイグル、香港そしてモンゴル…やりたい放題のあの国なり

それはそれは子供達には、二重の苦しみですね。校長先生のご冥福をお祈りします。

ある日突然言葉の使用が禁止されたらと思うと只々恐怖でしかない。この校長先生の教育者としての絶望感は良く分かる。子ども達の不憫さを思われただろう。あるいはモンゴル語を使えないことによる教育の方法を模索し教育を保障するということに頭を痛められたかもしれない。世界がファシズム化している

日本第一党の桜井誠党首が自殺について、良く言っています。「死んだらそこでおしまい」生徒達を守る為にも、校長は生るべきだったと思います。これでは生徒には、絶望しか残りません。今は民族の絶滅の危機に面していると思います。

校長の死についての悲しみや 明日への不安 恐れが どれだけこの子たちの心を 押しつぶしているのか…

モンゴル語禁止なんて酷すぎる。そんな事して良い事は絶対にない。

大坂さんが本当の人権弾圧に対して立ち上がったら応援する

\FBページが新しくなりました/

1日1クリックのご支援をお願いします!
↓↓↓

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認