【入管法改正】25歳のクルド人男性が国会で訴え「一家がバラバラになるのではないかと不安で、とても怖い」 

入管法改正「家族がバラバラに」 25歳のクルド人男性、国会で訴え

記事によると…

・難民申請中でも外国人を送還できるようにする入管難民法の改正案を審議している参院法務委員会で25日、一昨年まで在留資格のない仮放免者だったトルコ国籍のクルド人、ラマザンさん(25)が参考人として招かれ、意見を述べた。

・両親や日本生まれの妹は難民申請中で、今も在留資格がない。

・この日の参院法務委では、「法案が通ったら家族が送還され、一家がバラバラになるのではないかと不安で、とても怖い」と語った。

(略)

2023年5月25日 22時00分
https://www.asahi.com/articles/ASR5T72ZJR5TUTIL02Q.html
『朝日新聞』のご購読お申し込みはこちら

難民


難民は、対外戦争、民族、紛争、人種差別、宗教的迫害、思想的弾圧、政治的迫害、経済的困窮、自然災害、飢餓、伝染病などの理由によって、国境を越えて庇護を求めて外国へ逃避した人々。母国を自分の意志で離れた、又は強制的に追われた人々を指す。 その多くは陸路、海路、河路で国外に脱出し、他国の庇護と援助を求める。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

知らんがな!祖国に帰れば家族仲良く暮らせるよ?

じゃあ一緒に帰りましょうよ

一緒に帰るのが筋

家族で仲良く帰ればいい。

単純に家族で帰れば問題ないのでは?

知らんがな(*´ω`*)

それは日本のせいではございません。ご自分のお国でご家族と仲良く暮らしてくださいね。ってだけのお話し。




\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認