中国から米国に亡命したウイルス研究者が顔出し告発 「Covid-19は武漢研究所で人工的に作られた」「中国政府が管理している」

中国の研究者はCovid-19が実験室から来たことを証明したい

▼記事によると…(ドイツ語機械翻訳

・彼女はCovid-19ウイルスが存在することを世界が知る前に調査しました。その後、中国のウイルス学者は彼女の人生を恐れて、米国に逃げました。Li-Meng Yanは、ウイルスが自然界からではなく実験室から来たという証拠を提示したいと考えています。

彼女はアメリカの秘密の場所に隠れています-彼女の人生に対する恐れから。現在、中国のウイルス学者Li-Meng Yanは、中国を逃れて以来初めて公開されました。イギリスのトークショーで、彼女はCovid-19が武漢のウイルス学研究所で人工であるという科学的証拠を持っているという爆発的な主張をしました。ヤンは金曜日に、勇気と刺激的な女性を描いたトークショー「Loose Women」で明らかにしました。

科学者は、彼女が昨年Covid-19に関するいくつかの最も初期の研究をしたと言います。世界中で90万人以上の人々を殺した致命的なウイルスがどこから来たのか尋ねられたヤンは、まぶたを打つことなく答えました。「それは研究所から来た-武漢の研究所で、研究所は中国政府が管理している。」

内部告発者は、ウイルスが武漢の新鮮な市場で人々に広まったという事実を中国当局による隠蔽と呼んでいます。「ウイルスは自然から来たのではない」と彼女は主張し、彼女は中国の疾病予防センター(CDC)と地元の医師から直接情報を持っていると説明した。

彼女がまだ香港で働いていたとき、当局と香港大学の元監督者によって沈黙させられました。大学の公衆衛生学校は、世界保健機関(WHO)と提携している参照研究所です。彼女は「沈黙して注意しなさい」と忠告されていました。「さもなければ、私たちは困って、姿を消すでしょう。」4月に、ヤンは米国に香港を逃れた。彼女が逃げる前から、彼女の情報は政府のデータベースから削除されました。「中国がどのように情報提供者と取引するか知っている」ので、彼女は逃げなければなりませんでした。

人工または自然起源?
彼女は今、ウイルスが武漢の実験室で人工的に作られたという科学的証拠を発表することを計画しています。「ゲノム配列は人間の指紋のようなものです」と彼女は説明します。彼女はなぜウイルスが中国の実験室から来たのか、そしてなぜその実験室が新しい病原体が作られる唯一の場所なのかを説明するでしょう。「生物学の知識がなくても」と博士は言います。ヤン、「あなたは自分でそれをチェックして識別して確認することができます。」

科学者は以前、昨年武漢で最初にウイルスが発生したとき、北京が警報を鳴らそうとした人を黙らせようとしていたと述べました。ウイルスをカバーしようとするジャーナリストのコンピューターと電話でさえ没収されました。研究者によると、それを克服することができるためには、世界がウイルスの起源を知っていることが重要です。「そうでなければ、それは誰にとっても生命にかかわるであろう」とヤンは警告する。「私が世界に真実を伝えなければ私はそれを後悔することを知っている。」

中国当局は今、彼女の痕跡をすべて削除し、彼女がうそつきであったという噂を広めた。問題の武漢ウイルス学研究所の所長である元志明も、ウイルスが彼の施設から誤って広まったという報告を否定した。「ウイルスが私たちから来たことは不可能です」と4月にZhimingは言った。

科学者の大多数はまた、ウイルスはその遺伝子構成のために自然に発生し、動物、おそらくコウモリから人間に伝染するという結論に達したようです。(ケス)

2020年9月12日、午前9:27(ドイツ語)
https://www.blick.ch/

動画を見る

関連動画

武漢市


武漢市は中国中部にある湖北省の広大な省都で、長江と漢江の合流地点にある商業都市です。市内には美しく広大な東湖など、数多くの湖や公園があります。近くの湖北省博物館には、紀元前 5 世紀の曾侯乙墓から出土した青銅の鐘など、戦国時代の文化財が収蔵されています。
武漢市 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

以前から噂になってた事が、明るみに出てきた。

そんなのウソでしょ。と言い切れないところが中国だ。胡散臭い話も本当かもしれない。

結局武漢肺炎で大正解

俺もそう思うが‥‥動かぬ証拠の製造方法が出てきたらそく戦争に発展するな‥‥証拠を出して欲しい‥

知ってた速報

きちんと公表できる段階になった、と思って良いのでしょう 日本も報道しましょうよ

でも中国は絶対に認めないだろう。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事