【炎上】メディア「中学生たちがボランティアで復旧の手伝い」→ ネット『これ、水害時絶対させてはいけないこと…』

毎日新聞写真部のツイート

熊本県の南部を襲った豪雨。

被災地の午前の様子です。

写真は浸水被害のあった熊本県人吉市で復旧の手伝いをするロアッソ熊本ジュニアユース人吉の選手たちです。

関連ツイート

↓↓↓

ガッテム竹内さんのツイート

これ、水害時絶対させてはいけないこと。

免疫力の低い未成年に、ウイルスや細菌が蔓延してる環境で軽装作業させる行為。

水害復旧作業でもっとも留意すべきは、家屋のクギ、泥内に必ずいる破傷風菌。

感染も早く意識不明のまま死亡も。

メディアは美談にせずそのリスクを伝えるべき。

ロアッソ熊本


ロアッソ熊本は、日本の熊本県熊本市をホームタウンとする日本プロサッカーリーグに加盟するプロサッカークラブである。
ロアッソ熊本 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

現場に支援に入っている医師に伝えました。行政等に注意喚起してもらえると思います。これは無防備過ぎ!!子どもたちを危険にさらしています。美談になどしてはいけません。

どうせ大人(マスコミ)は持ち上げといて責任とらないしな

水害処理の後は変な咳が続くことが多いのです。みなさん気をつけて欲しいです。

NHKで、感染リスクあるため服装指導まで丁寧に流してましたね。なんだかんだ言って災害時のNHKは頼もしいです。

我の危険性などに留意すべき、単純な美談にすべきでない、というのは分かりますが、子供の破傷風の発生は過去20年くらい見てもほぼゼロなんで、そこは違うんじゃないですかね。

見た瞬間に寒気。生理的な恐怖を感じた。戦場カメラマンなら被写体の生命を守るか、撮るかのジレンマを感じるところ。この記者は何にも感じなかったわけだ。

これ、いろいろな水害の時にいつも言われてることですね、、メディアも正しい知識を得て欲しい

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認