生活保護減額 受給者側が上告…「絶対に許すわけにはいかない」とプラカード掲げ歩く

【速報】逆転敗訴の受給者ら「判決不服」で最高裁に上告 生活保護費引き下げ巡る訴訟 原告ら「本当に悔しい。絶対に許すわけにはいかない」

記事によると…

・厚生労働省は物価の下落を考慮して2013年から2年かけて、生活保護費のうち光熱費や食費の支給基準となる額を最大で10%減額し、大阪府内の自治体はこれに基づいて支給額を減額しました。

府内に住む受給者らは、減額処分の取り消しなどを求めて訴えを起こしていましたが、4月14日、大阪高裁は処分の取り消しを認めた1審判決を覆し、受給者らの訴えを退ける判決を言い渡しました。

4月25日、受給者らは大阪高裁の判決を不服として最高裁に上告しました。

・(原告中村義男さん)
「大阪高裁判決は、到底納得するものではありません。最高裁に上告し最後まで闘っていきたいと思います」

(原告江田佳子さん)
「高裁判決は本当に悔しい。こんなでたらめ判決がまかり通ったらあかん。明確な違憲です。絶対に許すわけにはいきません」

4/25(火) 9:27
https://news.yahoo.co.jp/articles/85ae2a497ec38ad733b8aea1d5bab021108b48cb

生活保護


生活保護は、国や自治体が「健康で文化的な最低限度の生活」を日本国民に保障するためとして設けている公的扶助制度。日本国憲法第25条や生活保護法の理念に基づき、生活に困窮する国民に対して、資力調査を行いその困窮の程度によって、要保護者に必要な扶助を行い、最低限度の生活を保障するとともに、自立を促すことを目的とする。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

元気やな~

おー元気ですね(((o(*゚▽゚*)o)))働けぃ(  '-' )ノ)`-' )ぺし

貰えるだけありがたいと思った方がいいよ

訴える暇と余力があるなら働いた方がいいよな。

受給者の皆さん税金ですよ 納税者も結構きつい時代なんだけど

金じゃなくて物資にしたらいいじゃん

とりあえずこの人達はもう働けそうなくらいには元気だな




\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認