玉木代表、合流新党に政策一致要求「協力しないと自公両党が有利に」→ ネット「合流すれば良かったじゃん」「地道に頑張れ」

玉木氏「選挙協力する」 合流新党に政策一致要求

▼記事によると…

・立憲民主党との合流新党に参加しない国民民主党の玉木雄一郎代表は10日、合流新党の代表に枝野幸男代表が選ばれたことを受け、次期衆院選での共闘に意欲を示した。

「協力しないと自民、公明両党が有利になる。しっかりやっていく」と述べた。共闘には政策の一致が必要だと指摘。

・国民の他の不参加議員と15日に結成する新「国民民主党」について「理念、政策を明確に掲げ、国民に訴えたい」と語った。

2020.9.10 21:44
https://www.sankei.com/politics/news/200910/plt2009100064-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

玉木雄一郎


玉木雄一郎は、日本の政治家、元大蔵・財務官僚、YouTuber。国民民主党所属の衆議院議員、国民民主党代表。旧民主党香川県連代表・副幹事長・政策調査会副会長、旧民進党幹事長代理、旧希望の党共同代表などを歴任。
生年月日:1969年5月1日 (年齢 51歳)
玉木雄一郎 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

あまり妥協しないように!

なら合流すれば良かったじゃん。

今すぐ勝つ事に拘らず長期的に成長するように頑張ってほしいんだけどね。

やっぱり共闘はしたいのか。地道に頑張れよ

分党良くやった…とおもったら、すぐそばから腰砕け。目先の選挙に拘ったら全く意味がない。

政策一致させるなら分党した意味笑

少しは期待もしていたが、やっぱり独自路線は無理か。

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします♪

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認