岸田総理、同性婚の導入「我が国の家族の在り方の根幹にかかわる問題で、極めて慎重な検討を要する」

同性婚の導入「極めて慎重な検討を要する」岸田総理

記事によると…

・立憲民主党・大築紅葉議員:「自民党は、なぜLGBT差別解消法、同性婚、選択的夫婦別姓を認めないのですか。多様性を尊重する法整備はG7(主要7カ国)各国を見ても日本のみ遅れています」

岸田文雄総理大臣:「同性婚制度の導入については我が国の家族の在り方の根幹にかかわる問題であり、極めて慎重な検討を要するものと考えております」

また、2021年に自民党内での議論が紛糾し、提出が見送られたLGBT理解増進法案について、岸田総理は「議論の動きを注視したい」と述べるにとどめました。

そのうえで、選択的夫婦別姓制度の導入については「国民の間に様々な意見がある」と慎重な姿勢を示しました。

一方で「多様性が尊重され、すべての人々が人権や尊厳を大切にする社会の実現に向けて取り組む」と強調しました。

2023年1月26日 7時15分
https://news.livedoor.com/article/detail/23597933/

岸田文雄

岸田 文雄は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、内閣総理大臣、自由民主党総裁、宏池会会長。
生年月日: 1957年7月29日 (年齢 65歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

もう「検討する」→「何もしない」と翻訳してもいいよね

教団との考えには反しているから、これは通らんな

検討だけにしといて。

自由恋愛と性的自認は、まじで分けて考えて。

事実婚でいいだろ

検討するなら金をくれ

増税もずっと検討してろ!



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認