岸田総理「消費税は社会保障制度を支える財源であるため、減税を考えてはおりません」

岸田総理 経済対策のための消費減税「考えていない」

記事によると…

・岸田総理:「消費税は社会保障制度を支える財源であるため、減税を考えてはおりません」

24日の参院本会議で日本維新の会の石井苗子議員は、経済対策の一環として消費税の減税が必要だと主張しました。

これに対し、岸田総理は「物価高騰の要因はエネルギー・食料品を中心とした物価高だ」とし、スピード感を持って対応してきたと説明しました。

そのうえで、消費税は社会保障制度を支えるために必要な財源で、改めて消費税を引き下げる考えはないことを強調しました。

1/24(火) 15:55
https://news.yahoo.co.jp/articles/58c27745223127bd54b00298059e72e5ee47f394

岸田文雄

岸田 文雄は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、内閣総理大臣、自由民主党総裁、宏池会会長。
生年月日: 1957年7月29日 (年齢 65歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

その時が来たら、あっという間にひるがえす人だって、もうバレてしまってるのに。

増税して景気が良くなったことありますか?

使う側の誠意が見られない現状で増税だのなんだのって理解できんわ

それじゃ何も変わらない💦💦💦

検討してよ😂

消費税減税は有り得ないやろうね…

ダメだこりゃ



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認