“体育座り”廃止検討する学校増加「体への負担が大きい」

「体育座り」廃止検討する学校が増えている理由…内臓などへの負担指摘も

記事によると…

・現在、いわゆる「体育座り」を見直す学校が増えている

・「体への負担が大きい」ことなどが見直しの理由としてあげられるという

・膝を抱え込む座り方は内臓が圧迫され、座骨への刺激もある、と識者

・『日本身体文化研究所』矢田部英正さん
「体育座りは膝や足首への負荷は少ないものの、長時間になると腹部や腰への負担が大きい。正座の場合は膝や足首に一定の負担がかかりますが、腰や腹部にはストレスの少ないです。座り方によって一長一短があるため、指導者は的確に判断しながら、どの状況では、どの座り方をするのが良いのかの見極めが必要です」

2023年1月23日 6時55分
https://news.livedoor.com/article/detail/23579831/

体育座り


体育座りは、尻を地や床などに着けて膝を立てて揃え両脚を両腕で抱える姿勢の坐法。日本の就学前教育や義務教育における体育の授業で実施される。 地域によって体操座りや三角座りなどの呼称もある。体育館で座るという意味で体育館座りという場合もある。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

体育座りが廃止になったら、どんな座り方になるんだろう。正座?あぐら?

正しい指導をお願いします!

長い時間体育座りしてるとお尻が痛かった

土の上に座る時接地面積が一番小さいので汚れが少ない

内臓に負担がかかるデータがあるのか

体育座り廃止、子供の体が重要ですね。

おしりが冷たくなるのが嫌だったなー 生理痛酷い子とかだったら拷問レベル 最近は座布団とかひざ掛け持ち込んでいいらしいけど



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認