自民・麻生副総裁、少子化の最大の要因は「晩婚化」と指摘

自民・麻生副総裁 少子化の最大の要因は「晩婚化」と指摘

記事によると…

・自民・麻生副総裁:「(少子化の)一番大きな理由は出産する時の女性の年齢が高齢化しているからです」

麻生副総理は講演で、女性の初婚年齢が「今は30歳で普通」だと指摘し、複数の子どもを出産するには「体力的な問題があるのかもしれない」と指摘しました。

そのうえで、少子高齢化で「医療や介護の費用が増え負担が重くなる」と強調し、「中長期的には日本の最大の問題」だと危機感を示しました。

1/15(日) 16:17
https://news.yahoo.co.jp/articles/bfa9efed54b7727f1d40ae74b8fc1b0af9686de8

動画を見る

麻生太郎


麻生 太郎は、日本の政治家、実業家。クレー射撃スキート日本代表のオリンピック選手。自由民主党所属の衆議院議員、自由民主党副総裁、志公会会長、自民党たばこ議員連盟顧問、中曽根康弘世界平和研究所会長。
生年月日: 1940年9月20日 (年齢 82歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

だったら増税をやめて生活を楽にしたら良い…

奨学金の返済があるからね…

行き過ぎた平等だと思うけど。

若者が子供を作れる収入、環境作れ

給料上がればなんの問題もない

だったら少子化対策でバラマキやめて婚期早めるために税金使えよ!結婚適齢期の話題を義務教育で教えろよ!その方が費用対効果高いのでは?

あと20年くらい前に問題にして欲しかった



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認