前東京都議会議員「『今のマンガも表現は十分自由じゃん!』という人には昭和のマンガを読んでみてほしい… いかに表現できる幅が狭まっているのがわかる」

くりした善行氏のツイート

久々に昔のマンガを読む機会があったのですが「今のマンガも表現は十分自由じゃん!」という人には昭和のマンガを読んでみてほしいと思う。

いかに、知らず知らずのうちに表現できる幅が狭まっているのがわかる。

最も問いたいのは、これでより良い社会になったんでしょうか、ということ。

栗下善行


栗下 善行は、日本の政治家。前東京都議会議員。
生年月日: 1983年3月9日 (年齢 39歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

サザエさんひとつにしても…ねぇ

昔、東京MXで再放送の昭和アニメにセリフが無音が結構ありましたが、途中から一部、当時放送を配慮してと放送字幕があったはずですが昔はこうだったと伝える事や聞かれるキッカケと世代間の話も出来ない規制は良くないですね。rootsを知らないのは不幸になるだけです。

ポプテピピック「俺は自由にやらせてもらう。」

そういえば週刊ジャンプでモヒカンが破裂したり油風呂に入ってましたね…鬼の頸くらいなんてことないぜ。

具体的にはお色気要素というかパンチラすら消えたり、グロシーン自粛もしくは黒塗りにするとか…ね

聖闘士星矢も何故かアンドロメダ瞬が女の子にされたり…原作を見たら分かりますが瞬にソックリなエスメラルダという少女が出ていたのに…

ドラえもんだって、今読み返したらこれは今は雑誌に載せられないなというシーンはけっこうありますよ。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認