党の垣根を飛び越えて語り合う… 野田聖子・辻元清美・田村智子

女性総理誕生に必要な自民党の「派閥」の変化 「お金とポストは男性が握る」現状の打破を

記事によると…

・迷走を極める岸田政権。この状況を打破するのは、“ガラスの天井”をブチ壊す女性リーダーの登場ではないのか。自民党の野田聖子・衆議院議員、立憲民主党の辻元清美・参議院議員、共産党の田村智子・参議院議員の3人が、党の垣根を飛び越えて語り合った。

田村:自民党の派閥って何なんでしょうね。

野田:もともと私は、河本敏夫先生の河本派でした。当時は河本先生から資金やポストをガッチリもらっていたけど、小渕(恵三)総理あたりから人事の一本釣りが増えて派閥のメリットが減りました。今の若手議員は派閥のパーティーのチケットを売った代金を“上納”して、ノルマの一部がキックバックで還元されます。私が一年生の時と違って大変ですよ。

田村:やはりお金とポストは男性が握る。

辻元:ただ、中選挙区は同じ選挙区に候補者を立てるから派閥争いになったけど、小選挙区は党が公認するから派閥の力が弱まりました。昔の社会党が参院選でドーンと勝って自民党が過半数割れした時、首班指名で土井たか子先生がトップになったんです。衆議院の優越で自民党の海部俊樹さんが首相になったけど、あの時、私は土井さんの姿を見て、いずれは女性総理が登場すると確信しました。要は、選挙に勝てばいいのだし、政治は何が起こるかわからない。

田村:でも小選挙区になって女性が立候補しづらくなった面もあるのでは。

野田:私は小選挙区を支持したんです。中選挙区は自民党議員が複数当選するから、女性議員はいつまでも下っ端のまま。でも小選挙区はそこで勝った者が一国一城の主になり、男女の差はなくなると思っていました。ところが蓋を開けたら自民党は候補者が男性ばかりの上、現職優先という鉄則があるから、最初に男性が候補になるとずっと変わらない。それが小選挙区の欠陥で、中選挙区のように多様な候補者を出す努力が求められます。

田村:女性総理を生むには派閥も変わらないと。

野田:リーダーの資質によって派閥の結束力は変わります。二階(俊博)さん、麻生(太郎)さん、安倍(晋三)さんはポストや資金繰りの面倒見がよく昭和的な派閥のリーダーですが、小選挙区で選挙を戦う今はガテン系のボスが見当たらない。

(略)

2023.01.09 06:59
https://www.news-postseven.com/archives/20230109_1828212.html?DETAIL

内閣総理大臣


内閣総理大臣(ないかくそうりだいじん、英: Prime Minister)は、日本の内閣の首長たる国務大臣。文民である国会議員が就任し、その地位及び権限は日本国憲法や内閣法などに規定されている。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

リーダーの資質が皆無

ダメダメ三人衆やないかーい!🤷‍♂️

つまらん3人

別に平常運転

うわぁ…。

だめだめやんw

この人達ではないですね。🤷



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認