【異次元の少子化対策】政府、非正規労働者ら対象の子育て給付創設 社会保険から拠出金

非正規労働者ら対象の子育て給付創設、少子化対策で政府方針…社会保険から拠出金

記事によると…

・政府・与党は、新たな少子化対策として、年金と医療、介護、雇用の各社会保険から拠出金を積み立て、非正規労働者らを対象とした子育て支援の給付制度を創設する方向で調整に入った。国民1人あたりの月額保険料を総額で数百円程度引き上げ、全世代で子育てを支える仕組みを構築する。

複数の政府・与党関係者が明らかにした。2024年度以降の制度導入を目指し、来年の通常国会への新法提出を検討している。

2023/01/09 05:00
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20230108-OYT1T50115/
読売新聞』のご購読お申し込みはこちら

岸田文雄

岸田 文雄は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、内閣総理大臣、自由民主党総裁、宏池会会長。
生年月日: 1957年7月29日 (年齢 65歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

これを実施するために、非正規の職員を雇うか外注して非正規労働者を増やすんだろうな

そしてまた社会保障費が上がるわけですね。 だとしたらめちゃくちゃだ。

非正規労働者を無くす方向がいいと思うけどね。人材派遣業は、手配師とかいわれ忌み嫌われていた歴史。

子育て世帯は皆んなに給付しろって。

なんで積み立てた人に返ってこないん?

子育て支援にはなるだろうが、少子化対策にはならない。そもそも少子化問題は金の問題じゃない。

社会保険料を増やすと少子化対策にならないので却下 もちろん、消費税を増やすのも少子化対策にならないので却下 政府は真面目に考えろ



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認