中国政府、化粧品の原料名や比率を明記した調合表の提出を義務づけ →  “パクられそう”と話題に…

中国、今度は化粧品標的…繰り返される大国の要求と摩擦 [世界秩序の行方]第1部 攻防経済<2>

記事によると…

・中国政府は2020年に化粧品を管理する条例を約30年ぶりに改正し、条例に基づく管理規定を施行した。同規定では化粧品メーカーに対し、原料名や比率を明記した調合表の提出を義務づけ、原料メーカーにも成分比率の開示を求めている。今回の規制強化は、この完全実施を求めたものだ。

化粧品の組成情報はメーカーが長年培ってきた企業秘密だ。開示すれば中国企業に情報が伝わり、同品質の化粧品が安価に生産される可能性が高い。日米仏などの主要メーカーからは、「中国市場の大きさを利用した、体のいい技術移転だ」と反発の声が上がる。

2023/01/04 13:00
https://www.yomiuri.co.jp/world/20230103-OYT1T50148/
読売新聞』のご購読お申し込みはこちら

中華人民共和国


中国は広大な草原、砂漠、山、湖、川、14,000 km を超える海岸線を擁する人口の多い東アジアの国です。首都の北京は、複数の建物からなる紫禁城や、天安門広場などの史跡が近代建築と融合した街です。超高層ビルが林立する上海は、国際的な金融センターです。中国北部には、有名な城壁である万里の長城が東西に長く伸びています。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

お茶をやね、皮膚からお茶の成分を吸収できる石鹸がよー効くねん

製品戦略見直して、数年前の製品を品質で勝負する感じになるだけだと思う。 ぶっちゃけ機能より品質で人気な気がするし。

まぁジェネリックは、成分とか一緒でも効果効能が、いっしょとは限らんから

サッサと撤退すりゃええだけだわ

パクるならまだしも魔改造されたりして。

これと同じ手を2000年代に家電でやられてパクられたんですよ  研究開発コストを出さずに同等品を作れるからそりゃ儲かる 同じマヌケを何回もやらない事です

プライドがあるなら、もう撤退で良いでしょう。リスクしかない



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認