「紅白」K-POP枠拡大を数字から検証… “NHK・YouTube公式チャンネルではK-POP勢が抜群の成績でした!”

「紅白」K-POP枠拡大を数字から検証 TWICE、LE SSERAFIMのステージは再生数3位と4位

記事によると…

・大みそか恒例の「第73回NHK紅白歌合戦」が12月31日、東京・渋谷のNHKホールで行われた。11月16日に出場歌手が発表された際は、「知らない歌手ばかり」「横文字が多い」などの声が上がり、ツイッターで「#紅白見ない」のハッシュタグがトレンド入りするほどだった。

・実際のところはどうだったのか。放送から1夜明けた1日、NHKのYouTube公式チャンネル『NHK MUSIC』の『紅白ハイライト』を検証してみた。

・それぞれの再生回数を見ていくと、“なじみの薄い”はずの出場者がかなりの再生回数を上げていることが分かった。とくに、一部視聴者の反発を買ったK-POP勢が抜群の成績を残している。

・順に見ていこう。1位はSEKAI NO OWARI『Habit』の52万回、2位は後半戦のトップバッター・ウタ『新時代』の48万回。3位に入ったのはTWICEの日本デビュー5周年記念曲『Celebrate』の43万回、そして4位となっているのが初出場のLE SSERAFIM『FEARLESS- Japanese ver.-』の41万回。同じく初出場となったIVEの日本デビュー曲『ELEVEN -Japanese ver.-』は16万回だが、NiziU『CLAP CLAP』の18万回、JO1『無限大』の14万回とほぼ並ぶ成績となっている。今回の紅白の目玉となった特別企画の氷川きよし『限界突破×サバイバー』は14万回、桑田佳祐 feat. 佐野元春, 世良公則, Char, 野口五郎『時代遅れのRock’n’Roll Band』は13万回となっており、数字だけ見ればまったく遜色のない成績だ(再生回数はいずれも1日午後3時基準)。

1/1(日) 19:11
https://news.yahoo.co.jp/articles/b53e1c9f43f80cb4c54e850f705a4e6d4814c2f4

NHK紅白歌合戦


『NHK紅白歌合戦』は、日本放送協会が1951年から毎年大晦日に放送している男女対抗形式の大型音楽特別番組。日本の長寿番組のひとつ。通称は『紅白』。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

南北歌合戦は見ない。

え、Kの再生数だけ取り上げ 次回はもっと枠を増やすぞ、って記事ですか😨

見てません。

俺には絶対区別つかん💦韓国アイドル昔も今も同じ顔~

日韓歌合戦に名変したら?

再生って、韓国からは出来ないの?

今年は天才少女も呼んであげたら?



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認