菅官房長官、減税否定的「消費税自体は社会保障のために必要」

菅官房長官、消費減税を否定 「社会保障に必要」

▼記事によると…

・菅義偉官房長官は3日の記者会見で、新型コロナウイルス対策に関し、消費喚起策の一環としての消費税減税に否定的な見解を示した。

「消費税自体は社会保障のために必要なものだ」と強調。

・コロナ禍で収入が減少した事業者には、社会保険料とともに消費税納税も猶予になっていると説明。

昨年10月の消費税率10%への引き上げに伴い「税収増を幼児教育や大学の無償化などに充てている」と指摘した。

2020年9月3日 12時29分
https://news.livedoor.com/article/detail/18837015/

菅義偉


菅 義偉は、日本の政治家。 自由民主党所属の衆議院議員であり、内閣官房長官、沖縄基地負担軽減担当大臣、拉致問題担当大臣である。 横浜市会議員、総務副大臣、総務大臣、内閣府特命担当大臣、郵政民営化担当大臣、自民党幹事長代行などを歴任した。 官房長官として新元号令和を発表したことから、「令和おじさん」の愛称がある。
生年月日:1948年12月6日 (年齢 71歳)
菅義偉 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

税金の使い方を見直すべき

分かってたけど、残念。このままズルズルと景気悪化ですね

下げなくていいからもうあと2〜3年くらいキャッシュレス還元やってくれ

事業者が納税猶予になったところで、消費者は購入時に払ってる

リーマン級の不景気がきたら見直すはずだったけど、減税しないとなると次回増税論が出てきたら反対するしかないな。言ったことは守らないと。

断言しない方がいいのに笑正直な人だな

増税はすぐ決めるのに減税となると慎重なんだよな

 FBページが変更になります。こちらから『いいね!』をお願いします。

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認