元朝日新聞記者「(山上容疑者は)教団と安倍によってさんざん踏みつけられた人生。最大限の酌量が必要」「萩生田らミニ安倍どもは国会から永久追放だ!」

佐藤章さんのツイート

山上容疑者がいなければ安倍のウソ八百政治の延長とデタラメ統一教会による悲惨な被害が続いていただろう。

教団と安倍によってさんざん踏みつけられた人生。

最大限の酌量が必要だ。

反対に教団の宗教票欲しさにズブズブとなった萩生田らミニ安倍どもは国会から永久追放だ!

佐藤章


ジャーナリスト。元朝日新聞記者。五月書房新社・編集委員長。36年間勤めた朝日新聞社では経済部やAERA、週刊朝日、月刊Journalismで記事を執筆。最近著に『職業政治家 小沢一郎』(朝日新聞出版)他の著書に『ドキュメント金融破綻』(岩波書店)『関西国際空港』(中公新書)『ドストエフスキーの黙示録』(朝日新聞社)など
出典:twitter

ネット上のコメント

テロリストを賛美擁護する元朝日新聞記者💢珊瑚は大切に!

ジャーナリストは 事実をねじ曲げて 自分が妄想して作り上げた記事を 報道として流していることがよく分かります

日本共産党の志位さんは 山上容疑者がいなければ、、、などと決して言わない 志位さんとは意見は異なるがリスペクトはしている 翻って この佐藤章なる三下の醜悪さは 感嘆に値するな

山上が酌量されるかどうかは法廷が決めることだし、罪は罪。英雄視するのはいただけないな。

命を何だと思っているのだろう…

殺人を擁護することは出来ない。しかし、権力者の死がなければ、悲惨な被害が続いていたことを考えると、日本の民主主義は虚弱で未熟という事実を痛感させる事件だった。

完全に狂っとるわ



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認