「力ずくで性行為された」俳優・大内彩加さん、実名で被害訴え → 谷賢一氏「事実無根および悪意のある誇張に満ちており、受け入れられるものではない」

「力ずくで性行為された」福島・飯舘村出身の俳優が実名で被害訴え 相手は劇作家の谷賢一氏

記事によると…

・原発事故を題材にした演劇「福島三部作」で岸田国士(くにお)戯曲賞を受賞した劇作家・谷賢一さん(40)から「性行為を強要された」などとして、福島県飯舘村出身の俳優・大内彩加(さいか)さん(29)が、11月24日付けで谷さんに慰謝料など550万円の支払いを求める訴訟を東京地裁に起こしました。

・■力ずくで性行為「心身ともに病んだ」
訴状によりますと、大内さんは2018年7月、東京都内で谷さんと飲酒後に「終電を逃したから家に行く」と言われ、自宅で力ずくで性行為をされたなどとしています。

大内さんは2018年6月に谷さんの劇団のオーディションに合格し、当時、谷さんが原発事故を描いた演劇「福島三部作」に出演していました。

その後も谷さんは「セクシャルハラスメントを日常茶飯事というレベルで繰り返し(訴状より)」、大内さんは2022年6月にうつ病と診断され、投薬治療を続けているということです。

会見で大内さんは「圧倒的に優越的な立場にあった(訴状より)」谷さんから「日常的に胸を触られたり、卑猥な言葉をかけられたり、ハラスメントが絶えない現場だった」「長年性的なハラスメント、性暴力を受け心身ともに病んでしまった」と涙ながらに語りました。

また、大内さんは実名を公表したことについて、「私自身が受けた被害をしっかりと顔を出して名前を出して言わないと彼はもみ消すと思う」と話しました。

12/23(金) 15:54
https://news.yahoo.co.jp/articles/ec4f4d3dbf29f6d97f673741e7c86822e9656e14

関連記事

本日公開された大内彩加さんの文章について

・この度は私に関することで大事なお客様、および公演関係者に多大なるご迷惑とご心配をおかけしていることを、まず深くお詫び申し上げます。

本日、大内彩加さんによりインターネット上に発表された文章についてコメントさせて頂きます。彼女の文章は事実無根および悪意のある誇張に満ちており、受け入れられるものではありません。訴状が届いていないため起訴内容については確認できておりませんが、司法の場で争う所存です。

(略)

2022年12月15日
https://www.playnote.net/archives/2752

谷賢一


谷 賢一は、日本の劇作家・演出家・翻訳家。劇団「DULL-COLORED POP」主宰。演劇ユニット「Théâtre des Annales」代表。日本劇作家協会・事業委員。
生年月日: 1982年5月11日 (年齢 40歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

これは報道しない自由の発動案件ですね…

日常的なセクハラ等に関しては証言さえ取れれば勝ち確定だろう、監督に勝ち目は無さそう、だから所属団体も事務所もこの監督との関係を切ったんだろうし

すまん誰?

マジか・・・ホンマやったら怖いな。

あの界隈は、こういう話多いな

作家のコメントが活動家っぽい。

証拠が無いと判断できん



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認