WHO、中国の重症者増懸念「医療制度を守るための支援続ける」

中国の重症者増懸念 新型コロナで情報要求―WHO

記事によると…

・世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は21日、記者会見で、新型コロナウイルスを徹底的に封じ込める「ゼロコロナ」政策が破綻した中国で重症患者が増加していることについて、「大きな懸念を抱いている」と表明した。

・テドロス氏
「現地の状況を総合的に評価するため、重症度や入院患者数など、より詳細な情報を必要としている」

「中国の医療制度を守るための支援を続ける」

2022年12月22日07時15分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022122200221&g=int

テドロス・アダノム


テドロス・アダノム・ゲブレイェソスは、エチオピア出身の活動家、マラリア研究者。学位はPh.D.。世界保健機関事務局長。ゲブレイェソスはゲブレイェススと表記されることもある。 エチオピア保健大臣、世界エイズ・結核・マラリア対策基金理事長、エチオピア外務大臣などを歴任した。
生年月日: 1965年3月3日 (年齢 57歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

まだ居たのか・・・

飼い主さまだからな

存在を忘れてた。まだ、居たのか

それ、一番最初に懸念抱くべきだったんだべ(´Д`)

最初からやっとけ😨

まだ居たのかこの人🤔

各国から吸い上げたお金がー



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認