【FLASH】岸田派・北村誠吾氏が本会議場で爆睡 22年で“実質収入11億円”、仕事中に眠れる「国会議員」というお仕事

岸田派・北村誠吾氏が本会議場で爆睡 22年で“実質収入11億円”、仕事中に眠れる「国会議員」というお仕事

記事によると…

・これで“仕事納め”とは気楽なものだ。

12月10日、69日の当初会期どおりで終えた、第210回国会(臨時国会)。最後に旧統一教会(世界平和統一家庭連合)問題をめぐる「被害者救済法案」が衆参両院で可決され、成立した。

救済法案は、12月6日に衆議院で審議入りをしていた。この日は、河野太郎消費者担当大臣(59)が法案の趣旨説明をするなか、当初、法案修正を求めていた立憲民主党など野党から、続々と質問が飛んでいた。

 そんな活発な議論がかわされていた本会議場で、またも“夢の中”だった人物がいる。2019年の第4次安倍改造内閣で地方創生担当大臣を務めていた、北村誠吾氏(75)だ。

「長崎県出身の北村氏は、自民会派の佐世保市議、長崎県議を経て、2000年に国政に進出しました。長崎4区から無所属で出馬し、初当選。2001年に自民党に復党すると、防衛庁政務官、防衛副大臣などを務め、現在まで8期22年の間、国会議員を務めている、宏池会(岸田派)のベテラン議員です。

 しかし、最近は衰えを感じさせる場面が多くなってきた印象です。自民党のプロフィール写真と違って、無精髭を長く伸ばすようになり、本会議中もウトウトすることばかりですね」(政治担当記者)

(略)

12/20(火) 19:39
https://nordot.app/977884817829806080

参考画像

北村誠吾


北村 誠吾は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員。自民党長崎県連会長。 内閣府特命担当大臣、まち・ひと・しごと創生担当大臣、防衛副大臣、長崎県議会議員、佐世保市議会議員等を歴任。
生年月日: 1947年1月29日 (年齢 75歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

ハリセン持って寝てるやつ叩くだけの仕事時給5000円出しても採算取れるよな

体調悪いなら欠席すれば良かったのでは。

ハリセンで一発入れたい!

即退場&コンプライアンス委員会で審議!

会議場で寝て金貰えるとか羨ましいな。そんな仕事したいわ

室内温度が快適すぎて眠くなると思うので冷房入れればいい

自分も寝る仕事が良いな



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認