テレビ局の人「視聴率の下がり方が尋常ではない」と悲鳴… キー局決算に見る放送業界「史上最悪の危機」

キー局決算に見る放送業界「史上最悪の危機」、なぜフジテレビだけ放送収入大幅ダウンなのか

記事によると…

・11月10日、民放キー局の第2四半期決算が出揃った。私はこの決算に大いに注目していた。今年の春から地上波テレビの視聴率が驚くほど下がっていたからだ。テレビ局の人と話すたびに「視聴率の下がり方が尋常ではない」と悲鳴を上げていた。

・■2022年のテレビ局はどうなるのか

2020年は緊急事態宣言で4月5月を山に視聴率が急上昇。コロナで巣ごもり生活を強いられ、みんながテレビを見たからだ。それなのに業績は急落。各キー局の第2四半期・決算資料から放送収入だけを取り出して前年度と比べると、タイム枠(番組の中で流れる提供CM)で10%程度、スポット枠(番組と番組の間に流れるCM)では30%前後も下がっていた。コロナ禍で多くの企業が身を縮め、広告費を大きく減らしたせいだ。

翌2021年度は企業活動が息を吹き返し放送収入は急上昇。コロナ前の2019年度にかなり近づくレベルに回復した。だが視聴率はダダ下がり。巣ごもり生活も落ち着き、みんなが出かけるようになったからだろう。

つまり2020年、2021年と視聴率と業績が反比例する形になったのだ。コロナによる乱気流を脱した2022年のテレビ局はどうなるのか。視聴率が悲鳴をあげるほど下がっているということは……結果は予想を超え惨憺たるものだった。

5つのキー局の放送収入の上期合計額は、2019年度の4104億円から乱高下の末、2022年度は3832億円に大きく下がった。

一方ゴールデンタイムのPUT(総個人視聴率・各局個人視聴率の合計)は2019年度の36.5%が急上昇と急降下を重ねた末、2022年度はさらに下がって33.3%となった。

放送収入は272億円下がり、視聴率は3.2%下がったのだ。特に視聴率は、これまでなかったほど下がってしまった。

(略)

11/22(火) 6:02
https://news.yahoo.co.jp/articles/17d636da6634c7a1b1c455c005d48f6e454f8178?page=1

テレビ


テレビは、テレビジョン(英: television)の略称であり、テレビジョンは、映像と音声を離れた場所に送り、再現するしくみ。光学像を電気的な信号に変換し、無線または有線により伝送し、テレビ受像機で映像として再生する通信方式。光学像および音響を電気信号に変換し、電気的な波の形で有線もしくは無線で離れた場所に伝送し、それを光学像および音響に再変換する電子的なシステム。TVと表記することもある。2番目の意味として、その受像機も指す。3番めの意味としてはコミュニケーション媒体としてのテレビジョン、またテレビジョン産業を指す。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

地上波無くていいくらい。ニュースですら捏造だし。

一日中家で寝ながらテレビ見てる年寄り向けに印象操作してる番組って見る価値あるの?

当たり前だと思う。 偏向報道ばかりの地上波を好むのは高齢者。

面白けりゃテレビも見るんだけどさ、金曜ロードショーでジブリやるときくらいしか見なくなった

時代劇とアニメとドリフの再放送だけやってなよ。その方が視聴率上がるで。

フェイクと韓国押しだらけの地上波

TV見ません、食い物や店番組ばかりでうんざりです😅😭



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認