【動画】“防衛増税”の方針「将来世代に先送りべきではない」「プロセスに問題はなかった」岸田総理

YouTubeチャンネル『ANNnewsCH』より

概要欄
“防衛増税”の方針「問題はなかった」岸田総理(2022年12月16日)

岸田総理大臣:「安定財源は将来世代に先送りすることなく、今を生きる我々が将来世代への責任として対応すべきものと考えました。将来、国民の皆さんにご負担を頂くことが明らかであるにもかかわらず、それを今年お示ししないことは説明責任を果たしたことにはならない。誠実に率直にお示ししたい。そのように判断を致しました」「(Q.総理自身は今回のプロセスに問題はなかったと思うか?)プロセスについて問題があったとは思っておりません。引き続き丁寧な説明については政府として心掛けて実行していかなければいけない」

岸田文雄


岸田 文雄は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、内閣総理大臣、自由民主党総裁、宏池会会長、自由民主党広島県連会長。 内閣府特命担当大臣、消費者行政推進担当大臣、宇宙開発担当大臣、外務大臣、防衛大臣、自由民主党国会対策委員長、自由民主党政務調査会長などを歴任。 中小企業庁長官、衆議院議員を務めた岸田文武は父。
生年月日: 1957年7月29日 (年齢 64歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

聞くだけ総理なので、僕達も聞くだけにします

増税は誰よりも早く即決決断する首相

結婚もできない俺に将来世代への責任を果たせとか残酷なことを言うなよ。涙でてくるわ

『問題はなかった』………総理に問題がある。

こんなことばかりしてたら次の世代なんて誕生すらしない

周りの声を聞きましょう。問題なかったと、よく言えますね。

自問自答だけでなく周囲にも訊けよ(笑)



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認