韓国メディア「クリスマスツリーの起源は韓国」

クリスマスツリーの故郷は済州?

記事によると…(韓国語機械翻訳)

・年末になると通りのあちこちで輝く装飾で飾られたクリスマスツリーが見られる。よく見られる人工クリスマスツリーは、針のように細い濃い緑色の葉が密な円錐形の木だ。このようなクリスマスツリーの実際のモデルは驚くべきことに、韓国の漢拏山が故郷の「球状の木」だ。

実際の球状の木は世界的にクリスマスツリーとして最もよく使われる木だ。親戚といえるモミと比較して身長が小さく、葉が密に育って観賞用に適している。球状の木は1920年にイギリスの植物学者ヘンリー・ウィルソンによって知られた。ウィルソンは漢拏山で採集した球状木の標本を分析し、従来知られているものと全く異なる「新種」であることを見出した。だから球状の木の名前は英語で「Korean fir(韓国モミ)」と学名は「Abies koreana EH Wilson」だ。

(略)

2017.12.21 00:00(韓国語)
https://www.dongascience.com/news.php?idx=20866

クリスマス

クリスマスはイエス・キリストの降誕を記念する祭で、キリスト降誕祭、降誕日、聖誕祭、ノエルなどとも呼ばれる。「クリスマス」という英語は「キリストのミサ」という意味に由来する。 カトリック、聖公会、ルーテル教会、正教会などでは、教会暦上の毎年12月25日に祝われる。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

また始まった😔

当然でしょ!

ハイハイ🤣🤣🤣

そんな気がしないこともないこともないとは言えないとも限らない

その調子でいけ、お前らの信用が本当にゼロになるまでつきすすめ

笑わせるのもたいがいにしろよ

やっぱ韓国はこうでなくちゃ



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認