現役保育士ユーチューバーさん、出産育児一時金増額に「“育児”なんだから毎年50万円…これでようやく子育て支援では?」

てぃ先生 出産育児一時金増額に「“育児”なんだから毎年50万円…これでようやく子育て支援では?」

記事によると…

・現役保育士ユーチューバーで育児アドバイザー、顧問保育士としても活動する、てぃ先生(35)が10日、自身の公式ツイッターを更新し、岸田首相が来年度から出産育児一時金を42万円から50万円に増額を表明したことを受けてコメントした。

政府が“少子化対策”として発表した政策に、てぃ先生は「50万円でいいから、じゃあ毎年出しましょうよ。出産“育児”一時金なんだから、育児で使える分も出ていいはず。出産も大変だけど育児も大変だし何より長いのだから、継続的な支援が必要なのは分かりきってる話。18歳まで毎年50万円。計900万円。これでようやく子育て支援では?」と提案した。

12/10(土) 23:12
https://news.yahoo.co.jp/articles/a53712b8a8dbdbed8811d47b9f78145351a0805d

てぃ先生


関東の保育園に勤める男性保育士。
ちょっと笑えて、可愛らしい子どもの日常をつぶやいたTwitterが好評を博し、フォロワー数が50万人超え、子育てや保育に関する役立つ情報を発信したYouTubeチャンネルも登録者数が70万人以上。SNS総フォロワー数は150万人を超え、保育士としては日本一の数である。
処女作である『ほぉ…、ここがちきゅうのほいくえんか。』(KKベストセラーズ)は15万部を超える大人気作になり、Twitter原作のコミック『てぃ先生』(KADOKAWA/メディアファクトリー)は20万部を突破。その他多くの書籍を出版しており、自身初となる育児本『てぃ先生の子育てで困ったら、これやってみ!』は出版から重版を繰り返し、11万部を超えている。近著は『てぃ先生の子育て○×図鑑』で、著書累計は70万部以上を突破している。
SNS以外にも、テレビやラジオをはじめとしたメディアへの出演も多数。2022年4月からはNHK Eテレ『ハロー!ちびっこモンスター』でのレギュラーが決定。全国での講演活動は年間50本以上で、他園で保育内容へのアドバイスを行う「顧問保育士」の創設と就任など、保育士の活躍分野を広げる取り組みにも積極的に参加している。
ちなみに、名前の読み方は「T」先生。
出典:公式 HP

ネット上のコメント

ところで一時金って外国人も対象なの?

増税の誤魔化しだろ‼️

ピンハネにでも関わっているのか

財源は?

一時金ってそれに合わせて病院請求するだよ アホか

そんな金が今の日本にあるとでも思ってんのか?

そう言うこと。 産んでお終いじゃない産んでから始まる。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認