沖縄・玉城デ知事、辺野古確定判決を批判「地方自治体と国が上級・下級の関係にあると言わんばかりの判断だ」

沖縄知事、辺野古確定判決を批判 国が上、地方が下と言わんばかり

記事によると…

・沖縄県の玉城デニー知事は8日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を巡り、県が国交相裁決の取り消しを求めた訴訟で、訴えを起こす資格がないとの判決が確定したのを受け「地方自治体と国が上級・下級の関係にあると言わんばかりの判断だ」と批判するコメントを出した。

政府には対話に応じるよう引き続き求める考えも示した。

12/8(木) 19:42
https://news.yahoo.co.jp/articles/7c760826381aafc380114e097324ee5da04f0c62

玉城デニー


玉城 デニーは、日本の政治家、元タレント。沖縄県知事。本名は玉城 康裕。 衆議院議員、自由党幹事長兼国会対策委員長、沖縄市議会議員などを歴任した。なお、知事業務上、法的効果を伴う行政文書には本名を使用している。
生年月日: 1959年10月13日 (年齢 62歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

本物の無法地帯

法律が上。思想は下。

???当たり前じゃない?

日本国が上で、沖縄県は下です。当たり前です。

独立する気満々やん…

そうだよ?当たり前じゃん。

おっしゃるとおりですが...何か?



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認